1.ダントン Danton
起工:1908年2月3日 進水:1909年7月4日 竣工:1911年6月1日
建造所 ブレスト海軍工廠
1909年5月 反政府主義者による破壊活動により、進水予定が延期
1912年後半 イエール沖において主砲塔の爆発事故により損傷
1914年8月初旬 WW1開戦に伴い、南フランス~北アフリカ間の船団護衛に従事
1914年8月16日 マルタに回航。以降アドリア海方面での哨戒任務に従事
1917年3月19日 サルディニア島南西にて独潜U64の攻撃を受け被雷、沈没
2.コンドルセ Condorset
起工:1607年8月23日 進水:1909年8月20日 竣工:1911年7月25日
建造所 ロワール造船社サン・ナゼール造船所
1914年8月前半 WW1開戦に伴い、独巡洋戦艦ゲーベン及び同軽巡洋艦ブレスラウ捜索に参加
1914年8月16日 マルタに回航。以降アドリア海方面での哨戒任務に従事
1916年12月1日 アテネ進駐に参加
1917年~1918年5月 ムロドス島に回航され、トルコ艦隊に対する警戒に従事
1918年12月6日~1919年3月2日 フィウメ進駐に参加
1923年~1924年 近代化改装工事(水中防御改善等)を実施
1931年~ トゥーロンにて停泊訓練艦として使用される
1941年4月 ダカール沖海戦でリシュリューの主砲弾が爆発した事故の実証のため、38cm砲用装薬の爆発実験に使用される
1942年11月27日 ドイツ軍の侵攻により、トゥーロンで無傷のまま拿捕される。のち副砲塔が撤去され、ジロンド河口の沿岸砲台に転用
~1944年8月 ドイツ軍が宿泊船として使用
1944年8月 トゥーロン港内にて連合軍機の攻撃を受け被爆、大破。のち閉塞船として自沈
1945年9月 浮揚作業に成功
1945年12月14日 スクラップとして売却後、解体
3.ディドロ Diderot
起工:1907年10月20日 進水:1909年4月19日 竣工:1911年8月1日
建造所 ロワール造船社サン・ナゼール造船所
1914年8月前半 WW1開戦に伴い、独巡洋戦艦ゲーベン及び同軽巡洋艦ブレスラウ捜索に参加
1914年8月16日 マルタに回航。以降アドリア海方面での哨戒任務に従事
1916年12月1日 アテネ進駐に参加
1917年~1918年5月 ムロドス島に回航され、トルコ艦隊に対する警戒に従事
1918年11月12日~12月12日 コンスタンティノープル進駐に参加
1919年 トゥーロンに回航
1922年~1925年 近代化改装工事(水中防御改善等)を実施
1927年~ 練習艦として使用される
1937年3月17日 除籍
1937年7月30日 スクラップとして売却後、解体
4.ミラボー Mirabeau
起工:1908年5月4日 進水:1909年10月28日 竣工:1911年8月1日
建造所 ロリアン海軍工廠
1913年5月~7月 機関故障により修理
1914年8月前半 WW1開戦に伴い、独巡洋戦艦ゲーベン及び同軽巡洋艦ブレスラウ捜索に参加。途中機関故障により脱落し、8月末まで修理
1914年9月 マルタに回航。以降アドリア海方面での哨戒任務に従事
1915年6月30日 マルタ在泊中、貨物船の爆発事故に巻き込まれ損傷
1916年12月1日 アテネ進駐に参加。アテネ市内に艦砲射撃
1917年~1918年5月 ムロドス島に回航され、トルコ艦隊に対する警戒に従事
1918年11月12日~12月 コンスタンティノープル進駐に参加
1918年12月8日~ 黒海に回航され、白ロシア軍の支援に従事
1919年2月18日 クリミア半島沿岸で座礁。以降搭載火砲、装甲帯、機関等を撤去(約6,000t)する離礁作業を実施
1919年4月6日 離礁作業に成功し、セヴァストーポリに回航
1919年4月12日~5月5日 セヴァストーポリの乾ドックに入渠し修理を実施するも、赤軍の侵攻により中止
1919年5月5日~5月7日 赤軍のセヴァストーポリ占領により、戦艦ジュスティス Justiceに曳航されセヴァストーポリからコンスタンティノープルに回航
1919年5月17日~5月24日 戦艦ジュスティス Justiceに曳航され、コンスタンティノープルからトゥーロンに回航。のち入渠検査により全損判定
1919年8月22日 除籍。セヴァストーポリから曳航した民間業者に対価(スクラップ)として引渡し後、解体
5.ヴェルニョー Vergniaud
起工:1907年11月 進水:1910年4月12日 竣工:1911年12月18日
建造所 ジロンド造船社ロルモン造船所
1914年8月前半 WW1開戦に伴い、独巡洋戦艦ゲーベン及び同軽巡洋艦ブレスラウ捜索に参加
1914年8月16日 マルタに回航。以降アドリア海方面での哨戒任務に従事
1916年12月1日 アテネ進駐に参加
~1917年11月 ムロドス島に回航され、トルコ艦隊に対する警戒に従事
1917年11月9日~12月1日 トゥーロンに回航され、修理
1918年9月14日 ムロドス島沖にて主罐の爆発事故により損傷
1918年11月12日~12月 コンスタンティノープル進駐に参加
1918年12月17日 トゥーロンに回航され、修理
1919年初頭 トゥーロンから黒海に回航され、白ロシア軍を支援
1919年4月 乗員の抗命事件が発生。数日後に鎮圧
1919年5月~8月 ベイルートに回航され、トルコに対する休戦監視に従事
1919年9月6日~10月1日 トゥーロンに回航され入渠検査。状態不良により修理しないことが決定
1921年6月 予備艦となる
1921年10月27日 標的艦となる。のち武装撤去され、副砲塔をダカールの沿岸砲台に転用
~1926年 航空爆弾及び毒ガス弾の実艦標的として使用される
1927年5月5日 除籍
1928年11月27日 スクラップとして売却後、解体
6.ヴォルテール Voltaire
起工:1907年7月20日 進水:1909年1月16日 竣工:1911年8月1日
建造所 地中海造船社ラ・セーヌ造船所
1914年8月前半 WW1開戦に伴い、独巡洋戦艦ゲーベン及び同軽巡洋艦ブレスラウ捜索に参加
1914年8月16日 マルタに回航。以降アドリア海方面での哨戒任務に従事
1916年12月1日 アテネ進駐に参加
1917年~1918年4月 ムロドス島に回航され、トルコ艦隊に対する警戒に従事
1918年5月~10月 トゥーロンに回航され、修理
1918年10月10日 トゥーロンからムロドス島に回航中、ミロ島沖にて独潜UB48の攻撃を受け被雷、中破
1918年10月~1919年 ビゼルトに回航され、修理
1922年~1925年 近代化改装工事(水中防御改善等)を実施
1927年~ 練習艦となる
1937年3月17日 除籍
1938年5月31日 キブロン湾において恒久的な標的として自沈処分
1949年12月 スクラップとして売却後、同地にて解体

最終更新日:2020/11/13 23:59