1.リベルテ Liberté
起工:1902年11月 進水:1905年4月19日 竣工:1908年4月13日
建造所 (船体工事) ロワール造船社サン・ナゼール造船所
(艤装工事) ブレスト海軍工廠
1908年4月 地中海艦隊に編入
1909年9月~10月 ハドソン・フルトン祭典に参加するためニューヨークに寄港
1911年9月25日 トゥーロン在泊中、主砲火薬庫の爆発事故(装薬の劣化による自然発火)により沈没
1925年2月21日 浮揚作業に成功。以降トゥーロン海軍工廠にて解体処分
2.デモクラティエ Démocratie
起工:1903年5月1日 進水:1904年4月30日 竣工:1908年1月9日
建造所 ブレスト海軍工廠
1908年3月 地中海艦隊に編入
1911年9月25日 トゥーロン在泊中、戦艦リベルテ Liberteの爆発事故に巻き込まれ損傷
1913年12月19日~12月20日 レ・サラン沖に錨泊中、強風により走錨し、戦艦ジュスティス Justiceと衝突、損傷
1913年12月~1月 トゥーロン海軍工廠にて修理
1914年5月28日 地中海西部にて戦闘訓練中、戦艦シュフラン Suffrenと衝突、損傷
1914年6月 トゥーロン海軍工廠にて修理
1914年8月2日~ WW1開戦に伴い、南フランス~北アフリカ間の船団護衛に従事
1914年8月12日~8月15日 トゥーロンからマルタに回航。以降アドリア海方面にて哨戒任務に従事
1914年8月16日 アンティヴァリ沖海戦に参加
1914年8月17日 オトラント海峡付近において航行中、戦艦ジュスティス Justiceとと衝突、艦尾を損傷し航行不能
1914年8月20日~8月24日 マルタにて修理。作戦行動に復帰するも、中央軸は未修理
1914年9月25日~10月 トゥーロン海軍工廠にて修理
1915年5月23日 イタリアの参戦により、ビゼルトに回航。以降もオトラント海峡閉鎖作戦を支援
1916年7月 ケファロニア島に回航
1916年12月1日 アテネ進駐に参加
1917年7月~ コルフ島に回航。以降は乗員及び燃料不足により活動せず
1918年10月下旬 コンスタンティノープル進駐に参加。以降黒海方面に回航され、白ロシア軍の支援に従事
1919年1月 イタリアへの牽制のため、イズミルに回航
1919年2月~5月 黒海方面に回航され、白ロシア軍の支援に従事
1919年5月25日~6月11日 コンスタンティノープルからトゥーロンに回航
1920年4月1日 予備艦となる
1921年5月18日 除籍
1921年6月 スクラップとして売却後、解体
3.ジュスティス Justice
起工:1903年4月 進水:1904年9月27日 竣工:1908年4月15日
戦艦ジュスティス
建造所 地中海造船社ラ・セーヌ造船所
1908年4月 地中海艦隊旗艦となる
1908年12月~1月 メッシーナ地震の救援のため、シチリア島に回航
1909年9月~10月 ハドソン・フルトン祭典に参加するためニューヨークに寄港
1910年6月7日~6月18日 サルデーニャ~アルジェリア近海にて戦闘訓練に参加。訓練中、主砲塔が故障
1910年7月13日~7月21日 トゥーロン海軍工廠にて修理
1911年10月26日 トゥーロン在泊中、前部弾火薬庫付近の火災事故により損傷、消火作業のため弾火薬庫に注水
1911年10月末~12月 トゥーロン海軍工廠にて修理
1913年12月19日~12月20日 レ・サラン沖に錨泊中、強風により走錨し、戦艦デモクラティエ Démocratieと衝突、艦首を損傷
1913年12月~1月 トゥーロン海軍工廠にて修理
1914年8月2日~ WW1開戦に伴い、南フランス~北アフリカ間の船団護衛に従事
1914年8月12日~8月15日 トゥーロンからマルタに回航。以降アドリア海方面にて哨戒任務に従事
1914年8月16日 アンティヴァリ沖海戦に参加。右舷前部の副砲の爆発事故により損傷
1914年8月17日 オトラント海峡付近において航行中、戦艦デモクラティエ Démocratieと衝突、損傷
1914年8月20日~8月24日 マルタにて修理
1915年5月23日 イタリアの参戦により、ビゼルトに回航。以降もオトラント海峡閉鎖作戦を支援
1916年7月 ケファロニア島に回航
1916年12月1日 アテネ進駐に参加
1917年7月~ コルフ島に回航。以降は乗員及び燃料不足により活動せず
1918年10月下旬 コンスタンティノープル進駐に参加。以降黒海方面に進出
1918年12月8日~1919年1月1日 白ロシア軍占領下のセヴァストポリに回航され、陸戦部隊の上陸を支援
1919年4月19日 抗命事件が発生。数日後に鎮圧
1919年5月5日~5月7日 セヴァストーポリ沖で座礁した戦艦ミラボーの救援に従事し、同艦をコンスタンティノープルに曳航
1919年5月15日~5月24日 コンスタンティノープルからトゥーロンまで戦艦ミラボーを曳航
1919年6月6日~6月17日 トゥーロンからブレストまで駆逐艦コマンダン・リヴィエールを曳航
1919年7月~ 訓練艦として使用される
1920年4月1日 予備艦となる
1921年3月1日 除籍
1921年12月30日 スクラップとして売却後、解体
4.ヴェリテ Vérité
起工:1903年4月 進水:1907年5月28日 竣工:1908年9月11日
建造所 地中海造船社ラ・セーヌ造船所
1908年9月 地中海艦隊に編入
1908年12月~1月 メッシーナ地震の救援のため、シチリア島に回航
1914年8月2日~ WW1開戦に伴い、南フランス~北アフリカ間の船団護衛に従事
1914年8月12日~8月15日 トゥーロンからマルタに回航。以降アドリア海方面にて哨戒任務に従事
1914年8月16日 アンティヴァリ沖海戦に参加。右舷前部の副砲の爆発事故により損傷
1914年9月24日~12月18日 テネドス島に回航され、ダーダネルス上陸作戦を支援
1916年7月 ケファロニア島に回航
1916年12月1日 アテネ進駐に参加
1917年7月~ コルフ島に回航。以降は乗員及び燃料不足により活動せず
1918年10月 トゥーロンに回航
1919年8月1日 予備艦となる
1921年5月18日 除籍
1921年9月 スクラップとして売却後、解体

最終更新日:2020/11/13 23:59