1.レピュブリク République
起工:1901年12月27日 進水:1902年9月4日 竣工:1907年1月12日
建造所 ブレスト海軍工廠
1907年12月 地中海艦隊に編入
1910年2月18日 ニース沖にて戦闘訓練中、戦艦パトリー Patrieが誤射した魚雷が命中し損傷
1910年2月~5月 トゥーロン海軍工廠にて修理
1911年9月25日 トゥーロン在泊中、戦艦リベルテ Liberteの爆発事故に巻き込まれ損傷
1911年9月~12月 トゥーロン海軍工廠にて修理
1914年8月2日~ WW1開戦に伴い、南フランス~北アフリカ間の船団護衛に従事
1914年8月12日~8月15日 トゥーロンからマルタに回航。以降アドリア海方面にて哨戒任務に従事
1914年8月16日 アンティヴァリ沖海戦に参加
1915年5月23日 イタリアの参戦により、ビゼルトに回航。以降もオトラント海峡閉鎖作戦を支援
1916年1月~ ダーダネルス上陸作戦を支援
1916年7月 ケファロニア島に回航
1916年12月1日 アテネ進駐に参加
1917年7月~ コルフ島に回航。以降は乗員及び燃料不足により活動せず
1917年11月17日 レムノス島にて錨泊中、走錨し座礁。のち武装撤去等を行い離礁に成功
1918年1月29日~2月19日 トゥーロンに回航され、修理
1918年3月28日 予備艦となる
1919年7月1日 砲術練習艦となる
1921年5月21日 予備艦となる
1921年6月29日 除籍
1921年11月 スクラップとして売却後、解体
2.パトリー Patrie
起工:1902年4月1日 進水:1903年12月17日 竣工:1907年7月1日
建造所 地中海造船社ラ・セーヌ造船所
1907年3月12日 公試のためトゥーロン在泊中、戦艦イエナ Ienaの爆発事故に巻き込まれ損傷
1907年5月 公試中、主観の復水器の破裂事故により損傷
1907年7月 地中海艦隊に編入
1914年8月2日~ WW1開戦に伴い、南フランス~北アフリカ間の船団護衛に従事
1914年8月12日~8月15日 トゥーロンからマルタに回航。以降アドリア海方面にて哨戒任務に従事
1914年8月16日 アンティヴァリ沖海戦に参加
1915年7月12日~ ダーダネルス上陸作戦を支援
1915年8月2日 陸上砲台と交戦中、副砲の爆発事故により損傷
1916年7月 ケファロニア島に回航
1916年12月1日 アテネ進駐に参加
1917年7月~ コルフ島に回航。以降は乗員及び燃料不足により活動せず
1918年11月~ コンスタンティノープル進駐に参加
1919年6月5日~6月15日 コンスタンティノープルからトゥーロンに回航
1919年8月1日 練習艦となる
1921年2月19日 砲術練習艦となる
1924年5月20日 砲術訓練中、副砲の爆発事故により損傷
1924年6月3日 水雷訓練中、発射した魚雷の故障により自艦に命中し損傷
1924年6月20日 予備艦となる
1924年8月15日~9月15日 トゥーロン海軍工廠にて修理。以降停泊練習艦として使用
1936年 除籍
1937年9月25日 スクラップとして売却後、解体

最終更新日:2021/08/15 14:53