1.ピョートル・ヴェリキー Imperator Petr Veliki
Петр Великий
起工:1870年7月23日 進水:1872年8月27日 竣工:1876年10月14日
建造所 ガレルニ島造船所 (サンクトペテルブルク)
1881年7月14日~1882年2月 ジョン・エルダー・アンド・カンパニー社グラスゴー造船所(イギリス)にて改装工事(機関換装等)を実施
1898年10月 主砲塔撤去工事を実施
1903年6月~1908年 近代化改装工事(兵装全面改正、機関換装等)を実施。以降砲術練習艦として使用される
1917年頃 ヘルシンキに回航され、潜水母艦として使用される
1917年3月16日 二月革命の影響により水兵の反乱が発生。以降活動が低調となる
1918年3月12日~3月17日 フィンランド独立により、ヘルシンキからクロンシュタットに回航
1921年5月21日~ 水上倉庫として使用される
1923年9月1日 荒天により座礁。以降放置
1927年10月5日 浮揚作業に成功。のち修理を実施
1932年1月1日 廃艦第四号に改名。以降宿泊船として使用される
1949年5月16日 Bsh-3に改名
1959年4月18日 除籍。のち解体

最終更新日:2021/08/15 14:53