1.インペラトリーツァ・エカテリーナ二世 Imperatritsa Ekaterina II
Императрица Екатерина II
起工:1883年6月26日 進水:1886年5月20日 竣工:1889年
建造所 アドミラルティ造船ニコライエフ造船所
1898年半ば~1902年 近代化改装工事(機関換装等)を実施
1907年8月16日 除籍
1912年4月22日 実艦標的として沈没
1914年 浮揚後、解体
2.チェスマ Chesma
Чесма
起工:1883年6月 進水:1886年5月18日 竣工:1889年5月29日
建造所 ロシア海運貿易協会セヴァストポリ造船所
1903年 予備艦となる
1907年8月14日 除籍
1912年4月22日 新設計の装甲システム(ガングート級戦艦と同様のもの)の実射試験に使用される。以降魚雷訓練の標的として使用される
1920年代半ば スクラップとして売却後、解体
3.シノープ Sinop
Синоп
起工:1883年6月 進水:1887年6月1日 竣工:1889年
建造所 ロシア海運貿易協会セヴァストポリ造船所
1890年 ボイラーの爆発事故により損傷
1899年~1904年5月 近代化改装工事(機関換装等)を実施
1903年 ボイラーの爆発事故により損傷
1910年 砲術練習艦となる
1912年 改装工事(主砲換装等)を実施
1918年5月 独軍のセヴァストポリ占領により同軍に接収される
1918年12月 第一次世界大戦終結により英軍に接収される
1919年4月25日 英軍の撤収に際し、機関部を爆破され航行不能状態となる
1920年11月 赤軍のセヴァストポリ占領により同軍に接収される
1922年 スクラップとして売却後、解体
4.ゲオルギ・ポビエドノセッツ Georgi Poboedonosets
Георгий Победоносец
起工:1891年5月5日 進水:1892年3月9日 竣工:1893年9月
建造所 ロシア海運貿易協会セヴァストポリ造船所
1905年6月27日~7月1日 戦艦クニャージ・ポチョムキン・タウリチェスキーKniaz Potemkin Tavritcheskiの反乱鎮圧に出動
1908年 練習艦となる
1914年10月29日 トルコ巡洋戦艦ヤウズ・スルタン・セリムのセヴァストポリ砲撃の際、同艦と交戦するも損傷なし
1918年5月 独軍のセヴァストポリ占領により同軍に接収される
1918年12月 第一次世界大戦終結により英軍に接収される
1919年4月25日 英軍の撤収に際し、機関部を爆破され航行不能状態となる
1920年11月 赤軍のセヴァストポリ占領に際し、同地からビゼルト(仏領チュニジア)に回航
1936年 スクラップとして売却後、解体

最終更新日:2021/08/15 14:53