日本海軍古鷹型重巡洋艦
Furutaka class Heavy Cruiser
1.古鷹 Furutaka
2.加古 Kako
各艦の略歴はこちら
寸法・排水量 竣工時 第一次改装後 1939年6月頃
全長 185.17m 185.17m 185.17m
水線長 181.36m 181.36m 181.36m
垂線間長 176.78m 176.78m 176.78m
最大幅 16.51m 16.50m 17.56m
水線幅 15.47m N/A N/A
吃水 公試時:4.50m N/A 公試時:5.61m
基準排水量 7,950t N/A 8,700t
公試排水量 9,137t N/A 10,509t
満載排水量 10,252t N/A 11,295t
機関関係 竣工時 第一次改装後 1939年6月頃
主罐 ロ号艦本式水管罐:12基 ロ号艦本式水管罐:12基 ロ号艦本式水管罐:12基
主機 パーソンズ式オールギヤードタービン:4基 パーソンズ式オールギヤードタービン:4基 パーソンズ式オールギヤードタービン:4基
軸数 4軸 4軸 3軸
出力 102,000shp 102,000shp 103,340shp
航続距離 14.0kt / 6,000nm 14.0kt / 6,000nm 14.0kt / 7,900nm
速力 34.5kt 34.5kt 33.3kt
燃料搭載量
  • 重油:1,400t
  • 石炭:400t
  • 重油:1,400t
  • 石炭:400t
重油:1,858t
装甲防御 竣工時 第一次改装後 1939年6月頃
水線部舷側装甲
  • 弾薬庫周辺:51mm
  • 機関室周辺:76mm
  • 弾薬庫周辺:51mm
  • 機関室周辺:76mm
  • 弾薬庫周辺:51mm
  • 機関室周辺:76mm
上部舷側装甲 - - -
水雷隔壁 N/A N/A N/A
最上甲板装甲 - - -
上甲板装甲 - - -
主甲板装甲 - - -
中甲板装甲
  • 弾薬庫周辺:35mm
  • 機関室周辺:32mm~35mm
  • 弾薬庫周辺:35mm
  • 機関室周辺:32mm~35mm
  • 弾薬庫周辺:35mm
  • 機関室周辺:32mm~35mm
下甲板装甲 - - -
主砲塔
  • 前面:25mm
  • 側面:25mm
  • 後面:25mm
  • 天蓋:19mm
  • 前面:25mm
  • 側面:25mm
  • 後面:25mm
  • 天蓋:19mm
  • 前面:25mm
  • 側面:25mm
  • 後面:25mm
  • 天蓋:25mm
主砲塔バーベット部 25mm 25mm 25mm
司令塔
  • 前面:N/A
  • 側面:N/A
  • 後面:N/A
  • 天蓋:N/A
  • 前面:N/A
  • 側面:N/A
  • 後面:N/A
  • 天蓋:N/A
  • 前面:N/A
  • 側面:N/A
  • 後面:N/A
  • 天蓋:N/A
搭載火器 竣工時 第一次改装後 1939年6月頃
主砲 50口径三年式20.0cm単装砲:6基 50口径三年式二号20.3cm連装砲:3基 50口径三年式二号20.3cm連装砲:3基
対空火器
水雷兵装 一二年式61cm連装発射管 (舷側固定式):6基 (八年式魚雷:24本) 一二年式61cm連装発射管 (舷側固定式):6基 (八年式魚雷:24本) 九二式61cm四連装発射管:2基
(次発装填装置付き)
(九三式魚雷一型改二:16本)
測距儀 / レーダー 竣工時 第一次改装後 1939年6月頃
射撃指揮装置 N/A N/A N/A
射撃指揮レーダー - - -
捜索レーダー - - -
ソナー - - -
航空艤装 竣工時 第一次改装後 1939年6月頃
計画搭載数 1機 2機 2機
カタパルト - 1基 1基
乗員定数 竣工時 第一次改装後 1939年6月頃
定員 604名 N/A 639名